医療法人 社団 翠会 行橋記念病院

精神科・神経内科・心療内科
電話:0930-25-2000
行橋記念病院について

特長的な取り組み

行橋記念病院では、患者さんにより質の高いサービスをご提供することを目的に、さまざまなことに取り組んでいます。その中から3つの取り組みをご紹介いたします。

ISO

ISO9001導入

当院は、患者・利用者、ご家族の皆さまの満足度の向上をめざし、2015年(平成27)9月に品質マネジメントシステムである「ISO9001」の認証を取得しました。皆さまに質の高いサービスが提供できるよう、日々生じる多種多様な課題を改善する活動を行っています。

ISO9001とは

ISO9001は「品質マネジメントシステム」と呼ばれる国際規格で、組織の質を高めるためのシステムです。「顧客*1満足の向上」という目標を達成するために「PDCAサイクル ―P(計画)、D(実施)、C(確認)、A(改善)―」を回し、常に業務の見直しをしながら、サービスの品質を高めていきます。患者さん、ご家族の声を聴かせていただくために、院内に「みなさまの声」を入れるポストを設置しています。また、年に1度、全病棟・外来の患者さん、ご家族を対象に、当院への満足度やご意見に関するアンケートを実施しています。スタッフは、業務のルール、手順に関することやサービスに関する提案事項を記載した「改善提案書」を提出、皆で課題の抽出を行います。こうして集まった患者さん、ご家族のご要望、職員からの改善提案をもとに、当該部署や院長などと交渉し、改善活動を進めます。また、院内で養成された内部監査員が各部署で内部監査を行い、業務の質を高める方法や患者さん、ご家族へ満足度の高いサービスを行う方法などを、各部署スタッフとともに考えます。

*1 当院のISOマニュアルでは、患者さん・ご利用者とご家族の皆さまを総称して「顧客」と明記しています。

CLiP(クリップ)

「CLiP」とはCommunity Life Independence Program(地域生活自立プログラム)の頭文字をとったことばで、当院の造語です。同時に、「どのような方に対しても、地域での生活をより良くするため、地域との関係をつなぎ合わせる役割を果たせるように」という意味を込めています。
CLiPでは、主治医の指示のもと、病院のスタッフがご利用者のご自宅または施設に訪問し、地域で自分らしい生活ができるように支援します。具体的には服薬管理や食事のサポートや、日々の生活のなかで感じる困りごとへのご相談などを行っています。
CLiPでは、入院期間が長くなった方が病院の生活から地域の生活に円滑に移行できることを第一に考えています。地域での生活が安定した後は、訪問看護ステーションが提供するサービスに移行していきます。

治療・療養環境への配慮

当院では、皆さまの治療・療養環境の改善を常に考えております。その一環として2010年(平成22)「禁煙対策委員会」を設置。以後、スタッフをはじめ、当院をご利用する皆さまへ「喫煙のマナー」や「たばこの知識」など、様々な情報の発信を行ってきました。

さらに2016年(平成28)4月からは病院敷地内を禁煙化、同時期には、世界的庭園デザイナーである石原和幸氏が緑豊かな中庭を造園。皆さまに気持ちよく四季を感じていただけるようになりました。

今後も、利用される皆さまが安心して治療・療養できる環境の整備を心がけてまいります。