行橋園について

ご挨拶

行橋園は平成元年(1989年)に行橋記念病院併設の介護老人保健施設として開設されました。これまで病院と自宅の中間の施設として、リハビリを充実し在宅支援や在宅復帰に取り組んでまいりました。明るく家庭的な雰囲気のもとで、多くの専門職がチームを組んでお一人おひとりの状態に合わせたリハビリや看護、介護を提供し、また元気になって、住み慣れた自宅での生活ができるようになることを目指して頑張っております。

日本ではこれからも少子高齢化が進んでいくことが予想されています。病気などで体が不自由になったり、認知症などで自宅での生活が困難になった時でも、また元気になって穏やかに過ごしていただけるよう、そして地域の皆様に少しでもお役に立てるように、職員一同力を合わせて頑張っていきたいと思っております。今後もよろしくお願いいたします。

施設長 村上雅健

翠会ヘルスケアグループの基本理念

翠会ヘルスケアグループは、「尊厳」「安心」「信頼」を基礎に、たゆむことなく技術と感性を磨き、
「こころ」と「からだ」のサポートを行います。

行橋園基本理念

明るく家庭的な雰囲気のもとで高齢者の尊厳を支えるケアを目指します。

■運営理念

  • 1.総合的なケアサービスを提供します

    施設サービス計画に基づき、看護・医学的管理の下における介護および、機能訓練、その他必要な医療並び に日常生活上の世話を行うなど専門職によるチームワークのもとで総合的なケアサービスを提供します。

  • 2.家庭復帰を目指します

    明るく家庭的な雰囲気の中で、利用者の意思と人格を尊重し、常に利用者の立場に立ってサービスの提供に 努め、早期家庭復帰を目指します。

  • 3.在宅ケアを支援します

    短期入所療養介護(ショートステイ)、通所リハビリテーション(デイケア)をはじめ、訪問看護・訪問介護・訪問リハビリテーションなど多様な機能を生かし地域の在宅ケアを支援します。

  • 4.地域に開かれた施設を目指します

    地域や家庭との結びつきを大切にし、市町村や他のサービス提供者などと密接な連携に努め、地域に信頼 され愛される施設を目指します。

■看護目標

  • 1.心身疾患の早期発見・予防に努め
    健康維持に努める
  • 2.入所者の自助努力への声かけ
    援助を行う。

■介護目標

  • 1.相手の立場を尊重し「傾聴」を
    第一としてケアを心がける。
  • 2.目くばり・気くばり・心くばりを
    実践・継続する。