医療法人 社団 翠会 行橋記念病院

精神科・神経内科・心療内科
電話:0930-25-2000
外来のご案内

子どものこころについて気になる方へ(児童思春期)

イメージです

児童・思春期には、成長と伴に自我が芽生えます。また、人間関係も広がっていき集団生活の中で色々な葛藤や挫折がある時期です。

また最近では、いじめなどの問題で、こころが傷ついてしまい、自宅に引きこもったり、情緒的な問題で同じ行動を何度も繰り返し、自分を傷つけたりと本人だけでは解決できずに悩んでいる子どもたちもいます。なかなか目に見えにくい部分もありますが、親御さんから見て何らかの手助けが必要だと感じる場合はご相談ください。

また、そのような症状の中には発達の障害(知的障害を伴わない)を持った子どもたちもいます。下記に自閉症スペクトラム症・ADHDの特徴をあげています。気になる場合は、お気軽にご相談ください。

自閉症スペクトラム症とは?

スペクトラムとは、「連続体」のことで、「同じような特性を持った境界線のない一群の障害」という意味合いがあります。またその特性として、社会性の障害・コミュニケーションの障害・想像力の障害があり、以下のような特徴があります。

  • 対人関係が苦手
  • 強いこだわりがある
  • 融通が効かない
  • 会話がかみ合わない
  • 暗黙のルールが分からない
  • 相手の気持ちを推察できない

ADHD(注意欠如多動性障害)とは?

ADHDとは注意欠如多動性障害のことです特徴としては以下のようなものがあります。

  • 着席中、姿勢が崩れやすい。
  • ひとりで遊んでいることが多い。
  • 友人に避けられていることが多い。
  • 忘れっぽい。
  • 注意散漫
  • 好きなことには、時間をかけて取り組むことができる。
  • 複雑な運動が苦手で、鉄棒や縄跳びなどの上達に時間がかかる。

自閉症スペクトラム症・ADHDになる原因は不明ですが、生まれつきの脳機能の異常によるものと考えられています。これまでの多くの研究から、親の育て方やしつけ方などが原因ではないことがわかっています。

初診について

初診時は「予約制」となっています。また、対象となる年齢は、就学後(6歳~)となっております。
当院を初めて受診される方はお電話にてご予約のうえ、お越しください。

  • 医師の診察の前に、精神保健福祉士が問題や症状、経過などをうかがいます。
  • 他の病院に通院中、あるいは受診したことがある方は、紹介状や薬の内容が分かるものを持参してください。
  • 受診時には健康保険証をご持参ください(可能であれば通知表・母子手帳もご持参ください)。

※おうかがいした内容はプライバシーに十分配慮し、厳重な取り扱いをいたします。